長茎術の術後は痛みがほとんどない

ペニスを形作っている主な組織のことを陰茎海綿体と呼んでいますが、この陰茎海綿体は靱帯により恥骨とくっついていています。
その恥骨と陰茎海綿体をくっつけている靱帯を部分的に緩めることによって、身体の中に埋もれていた海綿体を根元の方から引っぱり出して固定させることによってペニスの長さを伸ばすという方法です。
仮性包茎だった人が長茎術の手術を受けると包皮が相対的に後退するため、仮性包茎の症状が治る可能性があります。
靭帯が果たしている役割やペニスの仕組み、長茎術の方法などは手術を受ける前に行われるカウンセリングで、患者さんが納得出来るまで丁寧に説明してくれるのが一般的です。
長茎術は、一切海綿体には傷つけない安全な方法で行われます。
男性としての機能に関して影響が及ぶ心配をすることはありません。
そして、緩めた靱帯は、全て根元でもう1度固定するため強度に変化はないので安心です。
手術を受けるときには、皮膚の表面に麻酔を施すだけではなく肌の奥の方にもブロック麻酔を一緒に施すため手術を受けている最中は痛みがなく、術後においても痛みはほとんどありません。
手術の跡は2センチメートルぐらいの目立たない線がペニスの根元に出来ますが、陰毛で隠れてしまうため、ほとんど目立たなくなります。
術後は当日にシャワーで身体を洗うことも可能なことがほとんどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です