「長茎術」タグアーカイブ

長茎術の費用相場を知ろう

男性の中でも性器の悩みを持つ方は多いです。
人に相談しづらい悩みでもあるため、一人で悩んでしまう事もあります。
たとえば包茎やサイズが小さいという事での悩みであれば、専門クリニックでの手術で解決することができます。
今は女性も美容整形を受けやすい時代的な背景も有りますし、それと同様で男性もコンプレックスを解消するという意味で受ける事が出来る時代的な流れも有ります。
カウンセリングも充実していますし、安心して受ける事が出来ます。
サイズを長く大きくする手術は長茎術と言います。
この長茎術の費用については保険が適用されない項目となるため、自費治療となります。
そのためクリニックでそれぞれ設定金額が異なりますので相場を知ったうえで比較して検討することも必要です。
安いという理由だけでクリニックを決めない方が良いとは思いますが、相場を知ることから始めていきましょう。
長茎術の費用相場は大体30万円ほどから40万円ぐらいまでと幅があります。
そこに麻酔の費用が加わる事になります。
麻酔は基本的に局部麻酔を使用して手術が行われますが、眠っている状態で手術を受けたいという要望があれば医師に相談すれば静脈麻酔にしてもらう事も可能です。

おススメHP
長茎術の費用や術後の痛みの事などはこちらのHPでチェック
HPアドレス:http://www.clairvoyancecorp.com/choukei.html

長茎術は痛いけれど満足感がある

長茎術は性器が少し短く感じていると感じていたので、いろいろと調べていたときに知った手術です。
痛みを感じることが多いという話を読んだので少し迷いました。
やはり性器のことは気になります。
男として行為をするときにも自信を持ちたいし、そうでなくてもなんとなく短いというのはいやな気分なものです。
長茎術の手術は術後に痛いという人が体験者には多く、どんな手術を受けるのか不安がありました。
日常生活で困るようなことはないのか、などをカウンセリングで確認しました。
個人差はあるけれど、長くなるのは2センチから5センチほどということで、最大だと7センチも長くなるということです。
通院代や薬などの費用はかからないということだったので、少し悩みましたが思い切って手術を受けてみることにしました。
痛いけれど少し自分に自信を持つことができるようになる、というプラスの面ばかりに気持ちが傾いて、術後のことなどはほとんど気にしていませんでした。
実際、手術のときには麻酔がかかっているので痛みを感じることもありませんでしたが、退院後に座っているときが大変でした。
睾丸の周囲に少し突っ張るような痛みを感じるようになり、しばらくは座るたびにその状態で、落ち着くまで大変だったけれど満足です。

長茎術は痛みがなくて良かった

ペニスが短いことにコンプレックスを感じていて、友だちと海に行くことも拒否をしていました。
短いと海パンを履いてもボリュームが少なく、貧相に見えてしまうからです。
アダルトビデオを見ていて、男優の長いペニスが羨ましくてしょうがなかったので、自分でのばしてみることも密かに行っていました。
当然ながら、自分の手でのばしてものびる筈はなく、改善方法を探していたら手術でできることがわかりました。
長茎術というもので海綿体部分を触らないので性機能にも支障はなく、無痛で行うことができることを知り興味を持ちました。
本当に長くなるのであればという期待を込めて、クリニックに相談に行ったら、長茎術を実際に受けた人の術前術後を写真で見せてもらいました。
かなりペニスがのびていることを自分の目で確認したので、長茎術を受けることにしました。
麻酔をしたので痛みはなく、切れた後も痛みは感じなかったので安心しました。
性機能も以前と変わりがありませんし、その一方でパンツをはいたときにはボリュームがある状態になるので満足しています。
これなら海パンを履くときも自信を持つことができそうですし、女性を満足させられるのではないかと期待してます。

長茎術の手術の値段について

ペニスの大きさや長さというのは女性からしたら小さなことですが、男性にとっては重要な関心事です。
そのペニスが小さかったり、皮を被ったままだとしたら、コンプレックスは冗長されてしまいなんとかならないものかと考えるものです。
包茎手術は専門の病院で手術をうけることができますが、ペニスの大きさや長さというのは形成外科にて長くすることが可能な時代となりました。
ペニスを長くするための手術を長茎術と呼び、れっきとした手術のひとつなのです。
短くて小さなペニスを長く、そしてたくましくするためには、靭帯によって恥骨と結びついている陰茎海綿体を引き出す手術を行います。
靭帯の一部を緩めることにより、体内に隠れていた陰茎海綿体を根元の方から引っ張り出すことが可能になります。
巷ではペニス増大サプリメントなどが流行って入るものの、実際はそれほど目に見えるほどの効果を期待することができず、なんだか怪しいものであるという懸念は払拭することができないものです。
それに比べると長茎術では物理的に陰茎を長くすることができるので、その効果を実感できます。
ただ、問題手術の値段がとても高額であることです。
一般的には30万円以上の費用がかかります。

長茎術の術後は痛みがほとんどない

ペニスを形作っている主な組織のことを陰茎海綿体と呼んでいますが、この陰茎海綿体は靱帯により恥骨とくっついていています。
その恥骨と陰茎海綿体をくっつけている靱帯を部分的に緩めることによって、身体の中に埋もれていた海綿体を根元の方から引っぱり出して固定させることによってペニスの長さを伸ばすという方法です。
仮性包茎だった人が長茎術の手術を受けると包皮が相対的に後退するため、仮性包茎の症状が治る可能性があります。
靭帯が果たしている役割やペニスの仕組み、長茎術の方法などは手術を受ける前に行われるカウンセリングで、患者さんが納得出来るまで丁寧に説明してくれるのが一般的です。
長茎術は、一切海綿体には傷つけない安全な方法で行われます。
男性としての機能に関して影響が及ぶ心配をすることはありません。
そして、緩めた靱帯は、全て根元でもう1度固定するため強度に変化はないので安心です。
手術を受けるときには、皮膚の表面に麻酔を施すだけではなく肌の奥の方にもブロック麻酔を一緒に施すため手術を受けている最中は痛みがなく、術後においても痛みはほとんどありません。
手術の跡は2センチメートルぐらいの目立たない線がペニスの根元に出来ますが、陰毛で隠れてしまうため、ほとんど目立たなくなります。
術後は当日にシャワーで身体を洗うことも可能なことがほとんどです。